素人からプロのお菓子職人へ変貌を遂げる|製菓の専門学校へ行く

お菓子作り

必要な資格を取得

スイーツ

お菓子作りの職人として働く上で、スキルの証明をするために資格を取得する人もいます。資格を持っていることで就職にも有利に働きますし、メリットはあってもデメリットになることはありません。

製菓の資格には大きくわけて2つの種類があります。「製菓衛生師」と「菓子製造技能士検定」です。お菓子を作るには食材が必要となりますが、同時に衛生面を管理する必要があります。そのため、製菓衛生師の資格を持っていることで有利に働くことができるでしょう。菓子製造技能士検定は国家検定となっており、パティシエに必要なスキルを証明できる検定であるといえます。受験を受けるためには資格が必要となっており、実務経験が必要となることもあります。ですが、製菓の専門学校で学ぶことで受験資格を満たすことができますし、パティシエに必要となる資格を手に入れることができるでしょう。また、将来自分のお店を持つことを目標に頑張っている人は、食品衛生責任者の資格を取得することも必要です。飲食店を開く際にはこの資格が必要となりますので、こちらも併せて取得できるようにしましょう。

製菓の専門学校を卒業して国内で就職する人もいれば、海外へ留学して経験を積む人もいます。そのためには、専門学校で必要なことを学ぶといいでしょう。また、製菓の専門学校によっては海外への研修制度を設けているところもあります。海外を目指している人は、海外への研修制度が設けられている専門学校を選ぶといいでしょう。